奥只見へ

太公望でもある高さんと松さんがお世話になっている、奥只見の宿から秋のお誘いがあったそうで。
高さんからのお誘いも珍しく、また暫くご無沙汰している奥只見にも行ってみたく、二つ返事でOKを返答した。
出発前の1週間でニーパッドの補修をした。高さんからのお古だが、ゴム以外は傷んでない。パンツのように伸びきったゴムを短く切り、マジックテープ部を移植した。いつもの水糸と裁縫針で手直し。性分が貧乏性なもんで、使える物は直してでも使う。どうしても手に負えなくなったら捨てる。ビジネスバッグもツーリングバッグもこの手法で直してきた。そういえばバイクもそうだった。
2014100101.jpg

朝早く出るツーリングの前は決まって高さんは泊まり、軽く宴会をしていく事になってる。
今晩は、「生ピーナッツ」と「焼酎」の差し入れだ。「生ピーナッツ」はそんじょそこらでは売って無く、千葉に近い埼玉県内まで買いに行くそうだ。なかなか美味。
そして翌朝、6時過ぎに出発。今回は静かで始動性の良いXR125?で出陣だ。
2014100502.jpg

大間々を過ぎ、わたらせ渓谷鉄道 花輪駅近くの国道脇の懐かしい自販機売店に寄る。
ここは往年の時代を代表する懐かしい自販機(うどん、そば、トースト等)があり、近所のオーナーがまめに手入れしている(有名)。テーブル、椅子もあり、家庭から持ちこまれたと思われるコショー(盗難防止の紐付)や、「思い出ノート」なんてものもあった。
2014100501.jpg
2014100503.jpg
2014100504.jpg
2014100505.jpg

フルフェイス型でも煙草が吸える画期的?なパイプを自作!。味は如何?
2014100506.jpg

いろはを登り給油、そして紅葉し始めた山王林道へ。
2014100509.jpg

どうも視線を先へ先へともっていく白バイ乗りが身についているような・・・
オフとオンの乗り方が全く違いますわ。 俺・・・
2014100508.jpg
2014100510.jpg

川俣湖沿いを走る川俣温泉川治線を行く。高さんはXR250で堅実な安全運転に徹してます!
2014100511.jpg
2014100512.jpg

歳食っても、遊びたくなるね。こんなフラットな場所に来ると・・・
度胸が無くなったのか、腕が落ちたのか、静止画で良かった!
2014100515.jpg

枝道から見た本道。一時停止も守る人はもう居ない。
頂上付近は浮きジャリが厚くスピードダウンの川俣檜枝岐林道(帝釈山林道)。
ヘボい事に、走ってる最中は、その東にある田代山林道だと思い込んでいた。
ここの看板で道の間違いに気付く。
2014100516.jpg
2014100517-1.jpg

ピークの馬坂峠より檜枝岐に向かい、ちょっと早い紅葉の中を下っていく。
途中、本格的なオフライダー10人ほどとすれ違う。
2014100518.jpg
2014100519.jpg

泥だらけの姿では食堂の座敷には上がれない。
4件めにようやくテーブル席で昼飯にありつけた。想定外なボリューム!
2014100520.jpg

尾瀬への入口”御池”を通り過ぎ、約60km先の銀山平を目指す。
奥只見湖の大きな入り江のひとつ。
2014100522.jpg

いつ来ても、スケールのデカイ奥只見。
雪渓が1年通して残り、白樺の葉は落ち、広葉樹は紅葉し、まもなく雪深い冬を迎える。
2014100525.jpg
2014100526.jpg

今回お世話になった銀山平温泉の”村杉”さん。
夕飯は品数豊富で酒も旨いし、もある。ゆるりと疲れが取れましたよ。
2014100527.jpg
2014100531.jpg

じゃ~ん!。なんじゃこりゃ~
レトロちっくな雪上車発見!ワンボックスカーをくらいの大きさで灯火類が一昔も二昔も前の懐かしい顔つき。小判型サイドミラーも泣かせる。
調べたら、新潟 長岡に本社がある大原鉄工所(OHARA)の歴とした雪上車。その名も”SM20 スノータイガー”である。
何でも、雪上車界ではかなり有名な製造メーカーらしい。様々なサイズ、スペックのものを作ってるらしく、南極越冬にも導入されているらしい。
数年前に秋田の白瀬記念館で乗った大型雪上車もひょっとしたら大原鉄工所製だったかもしれない。この銀山平温泉の民宿村で2台発見した。
2014100528.jpg

エンジンは前側中央にあるみたいで、リアはトランクのようだ。
このリア灯火はおそらく昔のエルフみたい。しかしドアが小さく、乗り込むのは大変そう。
丸ハンドルじゃなく、キャタなんでレバー方式、室内のスイッチ類もプッシュプル式で昔にタイムスリップしたよう。
2014100530.jpg
2014100529.jpg

翌日は、台風18号の接近、高速に乗れない125のせいで、枝折峠経由小出ではなく、ほぼ来た道を戻る事にした。宿を出る頃には降っていなかったが、途中で合羽着るのも面倒なんで、出発から着込んだ。
樹海ラインのブラインドワインディングを御池まで60Km戻るのは、結構つまらない(昨日も走ったし)。雨が降ってなければ田代山林道か安ケ森林道を南下するのだが、気合いが入らない我々は軟弱に会津田島に向かった。
2014100533.jpg
2014100534.jpg

R121から少し山に入ったところにある無人駅。
先日TVで「幻の駅」として紹介されていたが、1日の乗降客が1人しかいないと。
確かに周囲に民家は無く、あるのはヘリポートだけ。
2014100540.jpg
2014100535.jpg

ホームを探索してるとタイミング良く列車が来た。
窓には「秘境駅ランキング51位」の順位が25位に上がっていると書いてある。誰が決めた?
昔は林業が栄えて、そこで働く労働者の家族が使っていたそうだが、今はなんとも寂しい限りである。
2014100537.jpg
2014100538.jpg

首都圏から3時間、浅草まで2,540円、羽生まで2,350円
2014100539.jpg

今市からR121と並行してる県道を走り栃木市で一服。
2014100541-1.jpg
走行距離は1日め:155マイル(248km)、2日め:167マイル(268km)で計516km。
平均燃費は32km/Lだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA