今年のさくらんぼ

手入れ(消毒や肥料)は何もしてないのに今年も実をつけてくれました。鳥君たちに食われないよう今年はワンタッチ網戸を付けましたよ。
出来高(粒数)は把握しなかったけど、親戚や兄弟にお裾分けしました。来年も頼みます!

XR250R フロントフォーク修理

数か月前からダストシールの劣化によるフロントフォークオイル漏れが激しくなってきた。修理してまた活躍してもらいましょう!
今回、塩ビ管を利用して特殊工具も自作しました。いつでも直してやるぜ。でもダストシールが廃盤じゃ困るなぁ~ またNOKで直買かな?
油面高さを調整してます。測定治具も今回自作しました。いつでもござれ!?

松選定

松が去年の秋頃から一部枯れかかってきた。松くい虫かなぁ~。よくわからないけど、ネットで調べて効果のありそうな栄養剤を投与した。
松さんにも手伝ってもらい枯れた枝は切り落とし、枯葉を除去したら何とか生き返りそうな気がします。 頑張れ!マツ!
その日、なんだか雲行きが怪しく、西の空には入道雲らしくモクモク雲が。。。
さらに北の空にも。空は真っ青なんだけど、雲が光ってます! 松の剪定は2人で9時~16時までかかりました。疲れたぁ~

新タケノコ頂きました

同僚の竹林から旬のタケノコをもらってきたので、米(無いので買いました)と一緒に1時間煮込み、一晩おきました。
翌朝、味噌汁に入れたり、タッパーで保存したり、とにかく柔らかくて美味かった。なんか料理上手?そんな事無いな!

福島応援

3日前に上司から拝命を受け、福島は伊達の工場へ1か月間の出張にきた。クルマは勿論社有車(ブル・シルフィー)
寝泊りは近隣BHが満室で急遽、宮城県の白石に決まった。職場から40分程度(片道約30㎞)1週間分の買い置きは普段と変わらず(笑)
毎朝いつも通り4時には目が覚める。まず朝のうまい空気を吸う為、西の窓を開けると雪をかぶった宮城蔵王が迎えてくれる。
最寄りの白石駅は、平屋のたたずまいでなんとなく昔のわが故郷の駅に似ている。
地元の方に聞いたぶ厚い油揚げ。大好物なんで買ってみた(なんとファミマで販売している)しかし重い!
うどんに入れ巨大なきつねうどんにしてみたり、
ノーマルに軽く両面を焼き、ショウガをのせて食べたり、なかなかのボリュームです!
この周辺は桃の産地で有名らしい。時期的にりんごが収穫出来るらしく、道っ端の無人自動販売機で売られている。
応援は予定通り4月初旬で終了。この頃、周辺では桃の花が満開に近い。背景は会津磐梯山界隈かな?
この1か月間の週末は我が家に戻っていた。松さんのNX125復活の手助けに。往復600㎞はなかなかのドライブでした。

NX125spc完成!

松さんがDAX号に飽き足らず(昔は400ccも転がしてたもんね)もう少しのパワーとコストを鑑みてヤフオクで探したマシンがNX125
ちょっと不人気車であった事もあり格安で落札。でも大阪までレンタカーで引取りに行ったから。。。雨の1/23(土)でした。
前日20:00にレンタカーを借り、翌3:30に出発!関越・圏央道・新東名・新名神と乗り継ぎ、大阪:枚方に12:00着
大雪注意報が発令されてた為、道中はずっ~と雨でした。往復1050㎞。レンタカー返却は指定時間のちょっと前でギリギリセーフでした!
翌週、実働具合を田んぼで試乗し、特別な問題が無い事を確認。早速、松さん好みにする為、分解作業を進めます。
もうプラモデル状態です(笑)次工程のサンドブラストに備え、布テープでしっかりマスキングです。
細かい部品は分類毎にレジ袋やポリ袋に収納し、組立まで失くさないように保管します。
以前は江戸川区のレンタル―ムを利用したが、今は閉鎖。代わりに探した北本にあった時間貸しのサンドブラストスペースを利用!
エンジン本体はバラさず、他の大物部品は出来る限りサンドブラスト加工へ(塗装の下地作りに最適!)

求めるカラーリングにする為のスプレー―式塗色。やっぱりトリコロールカラーですね(笑)
塗装待ちエンジン。サンドブラスト後は形状にメリハリが出ていてイイ仕上げになりそうな予感です。
ガソリンタンクの内部に錆が発生していなかったけど、外装は塗り替えます・
2/13から3週続けて土曜日が快晴になったので、一気に塗装工程開始です。下地作りが肝なんで丁寧に仕上げました。
タンクの端材でこしらえた台座に乗せ、下地にはサーフェーサーを吹きます。
フレーム系は白色から黒色へ、ハブはワンポイント的にブルーメタリックです。
一通り塗装の終わった部品群は、来週の作業まで吊るし干しで待機です。
2/13から3週連続でやった塗装も外装の凝ったカラーリングで終了です。3週とも快晴続きで作業が進みました。
いよいよ組立に入ります。塗装を傷つけないように細心の注意?を払いながら慎重に。
前後のリムは黒アルマイト処理が終わって新品スポークで組立ます。リムはサンドブラスト不要です(艶消しになっちゃうから)
購入からちょうど50日めにスペシャルNX125が完成しました。どこまでも松さんのお好み仕様です。
タンク周りは最も気にいってる部分。赤と青のカラーリングがアフリカツインぽくてイイ感じです。
予測通り、エンジンは耐熱塗料を吹いたら新品のような仕上がりでバッチリです。
フレームの黒が引き締まります。これもイサムのウレタンクリアーで仕上げました。エキゾーストは半艶耐熱です。
タンデムステップは不要なので外し、チェーンカバーも。黒リムはやっぱり足回りが引き締まります。
4カ月前に復活したDAXと。また青春時代の再スタートかな?

2020年 餅つき

今年はコロナウイルス騒ぎで高さんは欠席。松さんは数年振りの参加となり、一味違う餅つき大会の始まり始まり~
かまどで蒸かしたもち米を臼に放り、杵でコネコネとひたすら米粒が無くなるまでコネます。これが重労働!
4人で変わり番こに臼の周りをまわりながら「腰を入れて」コネます。
その一方で、蒸かしたもち米を高さんから借用の餅つき器でも作ります。ただ待つだけで出来る優れモノです。
十分にコネた後、いよいよ搗き作業に入ります。合いの手を合わせながら餅をむらなく搗くよう回します。
気合を入れてます。 杵は振り下ろすだけでいいんです。その重みを利用しますから。
久しぶりの搗きにもかかわらず、いい塩梅ですよ。
同時進行で豚肉を七輪で焼き、食いながらのパワー補給です。
「餅つき」終了後は決まって「忘年会」に突入です。今年は多くの洋酒を松さんが差し入れてくれました。