掛け軸自作

何を床の間に飾るべきか? さんざん悩んだ末、たどりついたのは秩父札所34か所のご朱印です。 ご朱印帳には収められてるがいちいち比較も出来ず、まとめて飾れば書体や特徴がよくわかり、これに決めました。

ある程度、基本に則り自作。 使ってる材料はショボいけど立派に見えます。

観光提灯復活

さすがに30年以上飾ってると経年劣化が激しい。ちょっと掃除のため触れるとお釈迦になるモノも。。。 残念ながら4つはご臨終です!

ヤフオクは何でも手に入る。 現在はもうどこに行っても売ってないのに、大事に保管されている方がいるのも事実。 思い出の地に関しての昭和レトロ提灯を手に入れ、再び飾る。(27提灯となりました)

刈払い機運搬用アタッチメント

田んぼの草を刈るのにトラクターで行く場合もあれば、自転車で行く場合もある。畔道が狭く車で入れず、しかもチョット遠い。

トラクターの場合は、後部ローターのフレームにバンドで括り付けて運ぶので、さほど問題じゃないが、自転車の場合、片手で持って運ぶので危険この上ない!

で、愛車に特製の刈払い機運搬用アタッチメントを製作した。

主材料は余剰の板材、鉄製金具等々。 以外に重いホンダ製35cc刈払い機の重量を3点(ダウンチューブ、シートポスト、クランク部)で支える構造。

本機が動かないようポイントとなるのは2か所。 エンジン底部のアンダーガードに金具爪を引っ掛ける1点。もう1点は、ハーネス部の穴とリアキャリアをターンバックルで結ぶ。

これでビクともせず、安心して運搬出来ます。

ついでに刃物丸出しじゃ危ないんでカバーも自作しました。

油面ゲージ

いつものように約5,000kmを目安にオイル交換をする。

同級生の540にお願いしてると「あれまぁ~」と声が。。。

油面ゲージの取っ手の部分(プラ)が経年劣化で破損したみたい。

即席の取っ手で次回交換時まで持たせます。さすがに日本製とは違う!?

じゃが収穫

今年は梅雨が長く続いたので、収穫のタイミングに悩んだ。

梅雨最中ではあったが待ちきれなくて掘り出す。

確かに球は小さいし、数も少ないが初めてにしては上出来!

収穫を祝いし、「じゃがバター」を食す。

垣根剪定

何年も放ったかしだった”紅かなめ” 高い部分で2.5mはあるだろうか?   

曇り空のいい環境の中、デリカの手助けもあり都合3人で7時間かけて散髪しました。

果たして芽が出てくるかが心配です!

鳩くん、ごめんね!

ぶどうの剪定をしようと近づいたら、バタバタ~と2羽の鳩が飛び立って行った。

またか! 以前ぶどう棚に鳩が巣を作り、卵を産んだ事があった。無精卵らしく、その後、鳩は寄り付かなくなったけど。

どうも俺んちによく来てるつがいの山鳩のようだ。

俺の車にも糞を落とし、何かと迷惑な行為が多いんで、ぶどう棚に巣を作らないよう余っていたCDディスクを吊るした。 これで安心?