2020年 餅つき

今年はコロナウイルス騒ぎで高さんは欠席。松さんは数年振りの参加となり、一味違う餅つき大会の始まり始まり~
かまどで蒸かしたもち米を臼に放り、杵でコネコネとひたすら米粒が無くなるまでコネます。これが重労働!
4人で変わり番こに臼の周りをまわりながら「腰を入れて」コネます。
その一方で、蒸かしたもち米を高さんから借用の餅つき器でも作ります。ただ待つだけで出来る優れモノです。
十分にコネた後、いよいよ搗き作業に入ります。合いの手を合わせながら餅をむらなく搗くよう回します。
気合を入れてます。 杵は振り下ろすだけでいいんです。その重みを利用しますから。
久しぶりの搗きにもかかわらず、いい塩梅ですよ。
同時進行で豚肉を七輪で焼き、食いながらのパワー補給です。
「餅つき」終了後は決まって「忘年会」に突入です。今年は多くの洋酒を松さんが差し入れてくれました。

79年生まれの同級生マシン

しばらく眠っていたDAXを起こすべくシート・マフラー・ウインカーと手を加える松さん
一時通勤に借用してDAXに精通?している高さんも加わり、最終仕上げやってます
テールランプの取付位置変更とマフラーエンド(自作)が際立つ?リアビュー
そして迎えた初冬の再デビュー。そういえば約40年前の初コンビツーリングもこんな寒い日だったなぁ~。2台共1979年生まれの同級生
途中、あまりの寒さにコンビニへ飛び込み暖をとる。やっぱり手足の先っちょが。。。懐かしい感覚が蘇るぜ。
寄居鉢形城跡で再びの休憩。    松さんのDAXは高校時代からの所有で、思い出たっぷり詰まった愛車
東秩父を通り粥仁田峠を越え、秩父高原牧場から秩父を目指す。
手前の「美の山」の背後には「両神山」がそびえ立つ。いつ見てもたくましい山塊で秩父の第二のシンボルかな。
高原牧場のコーナーリングを勇ましい音で走り抜けていくDAX号。
続いて静かに走り抜けるXR125号
昼は小鹿野にある行きつけの食堂にて「わらじカツ丼+ラーメン」を注文。暖まりますわ!
「山また山の、その奥り」山並み連なる秩父の山々。 魅力的です!

ようこそ里山へ

久しぶりに遠路はるばるⅠちゃんがやってきた。 酒・バイク好きが揃えばその夜は宴会に決まってる!
近所のトライアル遊び場をお借りして持参のマシンをお試し中。安定したライディングです!?

久々に秩父

いら寒くなる前に行っておこう! と、気まぐれ放浪癖が出た。

相棒はXR250R、フロントサスのオイルシールがいかれてるけどダート無しなら大丈夫だよね。

去年10月の台風で通行止め(土砂崩れ)がいまだに続いている。残念!
定峰峠も秩父側がダメで東秩父にも戻り、高原牧場経由で皆野を目指す
面白い場所を発見! 林道途中に意味不明な「一時停止」の標識。なんでだろう!
この秋はクマが全国的に多く出没してるみたい。秩父にもいるんだねぇ~
石間集落、加藤織平志士の出身地。すんごい傾斜地はいつみても圧巻!
帰路、寄居中間平から望む街並み。最高の展望で夜景も気になるなぁ~

テレビ壁掛け

Y電器で安く売っている50インチテレビ。

今の32インチとは比べ物にならない位の大型で、置く場所を検討。

結局、床の間に置くことを決め、その台座となる柱を新設した。

材は6尺を超える長さなので、10尺モノをホームセンターで切断してもらい合わせる。

ネットで垂直・水平方向に角度調整可能なアタッチメントを購入し、ベース柱にビスで固定。

床の間に50インチはまだ余裕があるみたい。

それ以上の大型テレビは無茶苦茶高いし、まぁこんなもんでしょう!

ベース柱には竹を被せて目隠し。いい感じになりました。

工作カテゴリーの記事

室内ふとん掛け

サンルームならぬ ただの廊下だけど日中は日差したっぷり当たる。

仕事に出てる間、この日差しを活用しない手は無いと思い、折り畳み式ふとん掛けを作ってみた。

畳んだ状態。材は杉の垂木を使った
これが使用の状態。掛けふとん、敷きふとんの2枚なら丁度いい長さ
柱に付けた支点部。ボルトはバイクのエンジンマウント、BRKTは自作、カラーも流用。
使用時と折り畳み時で左右を可動させ固定しておく方式はオリジナル!?です
可動時に先端を引っかける部分。枠はアルミで自作、当たり面は杉材