戸板製作中

ふすまよりも戸板のほうが古民家っぽくていい!

立派な出来合のモノは1万円/枚もするので自作です。

45×15の杉角材で格子を組む。桟は、古タンスの段に合わせて。
切って
打って
端はカンナで削り
縦引きはひたすら真っすぐに。。。
2枚完成! 約35年前に林道脇の掲示板に貼られていたポスターをアクセントに?

網戸製作

8畳間には網戸が無く、開けっぴろげにしとくと蚊は勿論、蜂や様々な虫が入り込んで来る。

そこで、網戸が必要な訳だがアルミ製のモノは1万/枚くらいする(泣)    

で、45×14の杉材で枠を作り、網をサンドイッチする方法で製作です

既レールへは市販のアルミH型材を利用。上部はプラ型材で余裕を持たせ挟み込む
また、密閉性を高める為、左右の戸を磁石で密着させる。ほぼ完璧です!
高さ1800、巾800、網は30メッシュの網戸完成です。費用は約1/5ですわ!
続いて玄関の網戸も既存品を改造。出勤前の作業。ラジオ体操を聞きながら…
下部レールにはコの字型アルミ材、そして上部には8畳間と同じH型アルミ材を使います
外側の取っ手は、扉との干渉を防ぐ為、出っ張りの無い形状でアルミ板材を自作
指切創防止のゴム材+網破れ防止のペットボトルキャップで整形
これで、今年の夏の活躍を期待してます!

秩父事件

松さんから貸してもらったDVD「草の乱」。

圧制から自由を勝ち取る為に、兵をあげた秩父地方の実話。

詳細は知らなかったが、このDVDで勉強出来ました。

都合10回以上見たかな? 涙無くして見れません。たかが136年ほど前の事
もっと知りたくて、ヤフオクで”秩父事件研究顕彰協議会”の本を購入

演じている俳優陣は一流ばかり。会話の中の方言が今でもそのままなんで親近感が湧いたのだと思う。

「はぁ~」→もう 、 「行くんべぇ~」→行こう 、「くんない」→ください

「へえるでぇ~」→入るよ 、 「なんつうこったい」→何て事

「けえってきた」→帰ってきた 、 「してぇ~」→したい 

「そうだいなぁ~」→そうだね 等々、所謂「だんべぇ~」言葉は上州からこの辺に共通してたようで、唯一わからない(今は使ってない?)のが、「がんした」や「がんす」これは・・・

いずれにしても、今でも何気なく使ってる言葉を話していたんだ。と、感慨深いモノを感じた。

同僚の屋敷で育った竹をもらえたので、「竹あかり」を作っちゃいました
雰囲気あるでしょう? 因みに右上の写真は「十石峠」の隣「ぶどう峠」でがんす!

さくらんぼ酒

今年は防鳥網を張った事で、鳥たちにほとんど食われる事無く、収穫を迎えます
昨年を上回る約360粒を収穫。およそ5日間、毎日朝採りの新鮮なさくらんぼです
食べきれない量なので、果実酒を作ります
出来上がりは半年後(11月) 楽しみです!

れんげ畑

クルマで見かけた懐かしいれんげ畑。わざわざ種を蒔く農家がいなくなった

ホント見かけなくなった。この色がいいんだよねぇ
天気が良いので、30分の道のりをチャリで。背景には恐竜が!?

さくらんぼ網新設

鳥対策の網は去年作ったが、どうもシンプルでなく気に入らなかった。

単管をクランプで組み、四方を寒冷紗で囲む。チョットごつい感じ
単管を埋めるべく60cmほど穴を掘り芯棒を固定し、ジョイントで単管を繋げる
2日間かけて完成。上部は木枠に寒冷紗、四方は鳥網(30mm方眼)、費用は400円也

これも仕事?

会社には作業改善等、効率を高める手助けをする部署がある。

現場からのリクエストに応えるべく、金属や木材を駆使してモノを作る仕事。

そこには一人しかいなく、リクエストが重なると手が回らなくなる。

で、出番がきた!

他部署で余剰だった厚さ24mmの4×7(しひち)版から切出し、組立てた棚と受付用のカウンター

帰任

1月に続き、3月のお勤めも無事終え、晴れて帰任となりました。

三重(周辺も)には数々の思い出を作る事が出来、充実した2ヶ月間でした。

”新型コロナウイルス感染防止”のため、東京を避け長野経由で帰路につきます
名古屋から中央線で山間の岐阜・長野を抜けていく。この車両には5人しか乗ってなかった
長野からは新幹線あさまに乗換。この車両に、たった一人で乗車です!

東京経由より1時間半余計にかかるルートだったけど、感染の危険も無く快適な旅?が出来ましたよ。 8:25桑名発で帰宅は15:00でした。

3.旅カテゴリーの記事

貨物鉄道博物館

日本初の貨物鉄道博物館らしい。しかも運営はボランティアの方達。

開館は月1回の第一日曜のみらしく、残念だけど屋外展示のみの拝観だった。

三岐線の切符は今では珍しい硬券タイプ。車両は西武鉄道からの払い下げみたい
東武鉄道39号(国鉄5650型) 1898年イギリス製 ごつくて格好いい!
巴川製紙所で活躍したディーゼル機関車。 こんな乗り方で入替とかやったのかなぁ~
富士電機所有の私有貨物(製造数:1台)全長24m 変圧器を運搬したらしい
有蓋緩急車というモノらしい

今回、関宿と貨物鉄道博物館をはしごして訪問。約20,000歩

3.旅カテゴリーの記事