野反湖へ

前日、バイクの整備、前夜祭を経て日曜7:00に出発。R140から金尾峠、吉田を通り矢弓峠へと向かう。
塩ノ沢トンネルを抜け下仁田に11:30に到着、いつもの「きよしや」で ソースカツ丼を発注。精をつけ、いざ!
約39年ぶりの妙義荒船スーパー林道。舗装路になったのは時代の終世で仕方ないが、ここからの展望は健在だった
猛々しい妙義の山々。ホントでもオフローダーは少なったもんです。
人で混み合う軽井沢界隈を尻目に、鬼押し出し公園までカッ飛びぃ~。雄大な浅間山が迎えてくれた。人がいない
そして旧六合村の野反湖へ到着。いつ見ても美しい形。そして何より涼しい。標高1500mは異次元?です。
今回、松さんの旧友であるS水氏がサポート隊を買ってでてくれたので、2台共少量の荷物で活動です。
17:30には野反湖キャンプ場(久しぶりにテントでなくバンガローです)に到着し、早々に無事到着を乾杯です。
徐々に暗くなる中、へッ点の明かりを頼りに夕飯の準備を進めます。勿論、アルコールは欠かせません!
やっぱ力つけるには豚ですよ。ししとうと一緒に焼き、ウイスキーと共に胃に流し込みます。
これだけの用品をバイクで運ぶのも大変、オフロードバイクじゃ限界があります。ホント助かりましたです。
バンガローは4人用を借りたが、実質3人くらいまでかな、って寸法。今回は一番上にある場所なんで静かでした。
全75棟中、4人用が73棟、8人用が2棟あり、各所に炊事場とトイレが配置されており快適なキャンプが出来る。
斜面に設置されており、中にはデッキボード付きなんてバンガローもある。クルマの置き場所が近い方がイイ。
驚いたことに経営者が地元の企業であると聞いた。 いやぁ~遠い地なのに頑張ってますね。気に入りました。
涼しい朝を迎え、周りは霧が立ちこめ幻想的な山間の景色を堪能しました。
朝飯は中之条のスーパーで買ったカップ麺です。何を食べても美味いんだよねぇ~
7:00に出発し、ダムサイトを戻ると停留所が。ここまで来てる事にも驚きだが、その運営している会社の名も。。。
このサイドビューは最高です! 嬉しいのは結構ブン回しても燃費が30km/Lを下回らない事。今回36.8kmをマーク
高山植物の王様「ニッコウキスゲ」 ちょっと枯れてきたかな。
昔と比較するとだいぶ減ってきてるそうで、群生している様子がもう見られないかも。。。
上州鬼薊(ジョウシュウオニアザミ) なぜ鬼なんだろうか? 白色もあるらしい。
クルマユリ
下野草 まだ蕾だけど開くとかなり綺麗みたい。
2012年8月に秋鹿大影林道の後に東から入ろうとした万沢林道、その時は通行止めで諦めた過去がある。
これが名物のストレート。かなり長いが脇道もあり工事車両等も入っているので慎重に!慎重に!
ブラインドコーナーを抜け、名物のストレートへ疾走する松さん
そしてストレートへ。なかなか調子が上がってきたNX125。
ストレートを堪能した後、Uターンしてまたコーナーに突入していきました。
ちょっと半径の小さなコーナーで端のバンクに後輪を当て、わざと滑らす。。。
無理せず理想的なリーンウィズで抜ける松さん
コーナーからの立ち上がりで爆音を響かせながら疾走です。
東に向かうにつれ徐々に狭くなり、路面も荒れてきましたよ。
サポートのS水氏のワンボックスカーは4WDの特性を生かし、少しづつ登ってきます。地上高が低いけど行きます。
結構ぬかるんだ状況でもタイヤを空転させることも無く、グリップを生かして進むなかなかの腕前。
ガレ場でも何でもござれ、と言わんばかりに登ってくる。尖がった石でパンクしない事を祈りつつ。
暑い日差しを遮るかのような深い日影が気持ちイイ。
20kmほどあったダートを3台共無事に走破し、帰宅したのは16時でした。お疲れさまでした!!

野反湖へ」への1件のフィードバック

  1. お疲れ様でした。

    久しぶり野反湖1泊ツーリング楽しかったです。

    またよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA