みちのく ひとり旅

2005年4月29日(金)自分好みに仕上げたXR600R(M)で6:00発。
東北道を北上し磐越道:会津坂下ICで降り、山都町を抜け”五枚沢林道”を目指す。
が、今冬の全国的な大雪で県境に辿りつく前に盛り沢山の雪に圧倒され、あえなく引き返す事に。

これで予定が狂い(県境ショートカット)、暫く振りの舗装”大峠”で山形に入る。
結局、寝場所も夕方、地図と睨めっこしテントマークのある飯豊町の「松岡公園」に投宿となった。
誰も居ないと思っていたが、なんと5~6人のライダーがテント張りしていたのには驚いた。
翌朝、周りを見渡すと桜が・・・そう、今が満開なんだね。北は・・・

4月30日8:00発。
快晴の肌寒い空気の中、小国町から”朝日スーパー林道”を目指す。
が、しかし、やっぱりと言うべきか、徐々に道が雪で細くなり、やがて雪が全面に・・・(短距離なら度胸で行っちまうが・・・)
今回のツーリングの岐路に立った。
奥羽山脈の西側をひたすら北へ向おうとしたのだが、今冬の雪が多すぎて今になっても融けてない。
仕方なく、大きく計画を変更し東に向う事にする(計画は綿密に立てない。いつもイメージだけで走るが、今回は折れた)途中、のどかな山間部をディーゼルカーが汽笛を響かせ、ゆっくりと走っていった。

東に向うにも距離があり、今晩は鳴子温泉近くの「荒雄湖畔公園にテント泊」500円也。

5月1日8:00発。
少し走ると日本初の100m級アーチ式コンクリートダム「鳴子ダム」が現れる。
時期だけに、こいのぼりが数匹泳いでいた。

山地を下り東北道を横切ると田園地帯。
眠気と闘いながらひたすら走ると登米(とよま)町。
ここには日本で唯一の「警察資料館」がある。
誰も見学人が居ない館内を独り占めした気分でゆっくり見学。

その後、3桁国道を北上し、岩手に入り千厩(せんまや)町を通り抜け遠野へ。
有名な「かっぱ橋」をとりあえず見学。

「南部曲がり家」は、ただでさえ広くてさぞ掃除が大変だろうと・・・凡人の想いが出てしまう。

連日晴天の日が続くので今晩もテント泊。
場所は「田瀬湖」に決めた。
実は「田瀬湖」の前に地図でチェックした「東和町いこい・・・」というテン場らしき場所に行き、テントを張ったが廃キャンプ場のようでやたら暗く、めったら寂しく、そそくさと退散です。
「田瀬湖」のキャンプ場はそこそこ人が居て、音が存在したのでこちらに決めた、という経緯だった。結構臆病かも。

岩手といえば石川啄木、啄木といえば銀河鉄道の夜、モデルとなった釜石線の「岩根橋」。

昔はどこにでもあったレトロなガススタンド。懐かしい~

遠野を後にし、地図で見つけた”八戸川内大規模林道(通称100km林道)”を全線走破の意気込みで走る。が、ほとんど舗装路で幻滅。
しかし飛ばせたなぁ~
今日は100km林道でかなり疲れ、久々の布団を求め八戸の「BHかわい」に投宿。3,500円也。安い!
風呂に入り、町に出てカレーを食し・・・思えば遠くへ来たもんだ・・・

5月3日8:00発。
「三沢航空科学館」に行ってみる。まだ早すぎて館は開いていなかったが、F104?と記念写真。
昔、20代の頃、よく自衛隊に入隊しないかと誘われた事を思い出した。
入隊してたら人生変わっていたな・・・?でも高所は駄目なもんで、きっと陸上自衛隊員か?と馳ながら・・・

ここまで(岩手)まで来たら、端まで行こう!と決断し、まだ訪れた事のない「尻屋崎」を目指す。
下北半島は風が常に吹いているとみえて「風力発電」の多いこと、これが近づくと結構大きくて何基もあると不気味なくらい。
風切り音も大きく、近年では低周波公害も発見され確かに周りにには民家ひとつ無い。

20数年振りの大湊線「吹越駅」。
その節は1泊させて頂きありがとうございました。今回はお泊りしません。

xxxx戸 収集。小学生の頃、地図を見ては探したな・・・今、現場に来てるよ。






四戸は無いんだね。 
なぜ、x戸とういう場所が連番のように続くんだろう?
因みに俺が住む土地も x戸だけどね!

数々の伝説が残る青森の新郷村。
なかでもキリストの墓と日本に存在する?ピラミッドは有名だ?本物は無理だけど、ここなら・・・というつもりで登ってみた。(体力落ちたな・・・!)


そして今晩は「間木ノ平グリーンパーク」に投宿。
無料でした。

5月4日は南下し、宮古を通り過ぎ気仙沼近くの唐桑半島の「御崎キャンプ場」350円也。
朝、リアス式海岸が満喫出来る「折石」を見学

5月5日は一関ICから福島飯坂ICまで東北道、それから心の故郷へ寄り、その後一般道を走り「市営あだたら高原キャンプ場」へ。
ここにはライダーが数人おり焚き火を囲み夜を明かす。

5月6日は、一般道を那須まで行き、昼飯を兼ねて「那須PCガレージ」に立ち寄る。
店内にはランボルギーニ等のスーパーカーの他、マッドマックスで活躍したインターセプターのレプリカや、警官グースのレプリカバイクが展示されていた。


久々のみちのくを旅し、5月6日15:00に自宅に到着。
全走行距離2,445Km 費用54,000円
雨にほとんど降られていない最高のツーリングだった。 平均燃費21.0Km/L

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA