北の大地 Ⅱ

2年前の夏に二人で旅したが、今回はソロで行く事とした。
例によって夏期休暇を全て使う。
(8/12~20 9日間)新潟港にて。
北から帰ってきたばかりの松さん。
入れ替わって新日本海フェリー”ニューはまなす”に乗船する俺。
1987081201

日本海の夕日。
1987081202

幹線道路から外れると、砂利道が。
それも果てしなく一直線!
1987081204

本土では見かけないGOLD。
旨いようなそうでもないような・・
1987081203

道端で「蒸かし芋(バター)」を食する。
1987081205

池北線 愛冠(あいかっぷ)駅脇にある水を飲んで幸あれ。
1987081206

神秘的な「オンネトー湖」。
19870812081987081209

夕方早めに到着したので湖畔を散策し、ベストな場所にテントを張った。
その晩、星の鮮やかだった事といったらない。
1987081210

冬の間、牛の餌になるロール、広大な牧草地に無数にある。
1987081212

根北峠へ向かう途中、斜里から標津へ計画された鉄道予定線だとか。
人柱とも言われている。
1987081217

「北の防人」いつも日本を守って頂き、ありがとうございます。(阿寒道路)
1987081213

お陰様で安心して、こんな脳天気が出来ます。(根北峠)
1987081215

小清水原生花園
1987081220

根室「笹川記念館」付近で。
1987081223

ソ連は納沙布岬からわずか10km先の水晶島(日本名)
1987081222

珍しく晴れた釧路湿原。
1987081224

和琴半島 三香温泉露天風呂。
その晩はキャンプ場で泊まる。
1987081225

根室標津駅ではライダー5名で駅長の許可を得て、ホームで野宿させてもらった。(寛大!)

1987081227
19870812281987081221

サロマ湖近くのキムネアップ岬にてキャンプ。
朝、露濡れしたマットを干している。
1987081229

そして爽やかな風が吹く昼間は快走!
1987081230

知床 知布岬からオホーツク海に沈む夕日。(静かなる海)
1987081232

帰路の船上より。
山形沖、飛島付近 ものすごい雲!
1987081233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA