物置ガレージ?

社会人になった俺の愛車は、2シーター・ドアミラー・ミッドシップのそう”軽トラ”だった。
こいつはバイクも積め、勿論野良作業もこなし、実に頼もしい相棒である。
ただ、リクライニングが中途半端、身の回りの荷物が2名乗車の時に無い、等の欠点もあるが。
縦目4灯のホンダTN360から、ダットラを経て、同じホンダのTN550に最近乗り換えた。
サニー号(B310)は舎弟が乗り継いでいる。
庭には十分なスペースがあるが、泥なもんで雨の日の入出庫は非常に気を使う
(親父が泥庭にタイヤ痕を必要以上に残すと、そりゃえらい剣幕なのだ)
そんな事情もあり、庭の約半面をアスファルトにしてもらい、快適になったのは最近の事だった。

バイク達は相変わらずの物置に収納してあり、雨の日の出発には、如何に庭の端を押し歩きながら出すという至難の業が身につく事となる。特に750は重いから尚更大変である。
手前左より。R&P、Z750FX、DT50、XE50、GSX750E、一番奥がYZ125
物置の床?も勿論土間。 農機具群と同居している兄弟のバイク達。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA