東海道 関宿

古い街並みが今も残されているという関宿に行ってみた。

JR関西本線で亀山に向かう途中の四日市。 近鉄の駅とは違い、廃屋?が多い
亀山から西はJR東海から西日本に変わるため乗換。ディーゼルのワンマン列車に。
鈴鹿山脈の山裾にあり多くはお店や宿として残されている
津市に本店をもつ百五銀行。昔だったら高利貸かな?
八百屋さんの吉野屋。品揃えが。。。
人がいなく活気が無い宿場っていうのは。。。雰囲気は悪くないんだけどね
単線、広くて長いホーム、まるで北海道のローカル路線のよう
ひと駅戻った亀山駅前。ずいぶん寂れた感じがあり、このビルは廃墟かも?
駅前にたたずむ昭和食堂。思い切って入ると。。。やっぱり昭和だった。しかも中期か?
この雑多(失礼!)な感じが、正に昭和ノスタルジーを醸し出している
亀山のB級グルメ「みそ焼きうどん」。トラックドライバー御用達から発案されたらしい
駅乗降客向けの食品サンプル。今はもう見なくなったなぁ~。当時モノですな
近くの路地にあった看板。「ナイトロビー」とは一体どんな?  社交ダンス可能かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA