桜の剪定

高さんの親戚で大きく育った桜が悪さをしてるらしく、枝の剪定をすると連絡があった。
目の当たりにすると結構高く、7~8mはある感じ。
春には沢山の八重桜を咲かし、それは綺麗だという。
しかし、落葉の季節になると葉がトイに溜まり、屋根からの水はけが悪く、滝のように軒先に落ちてくる。また、お隣さんの敷地内にも相当量な落葉を落とし、ご迷惑をお掛けしているともいう。
早速、高さんは自前の伸縮梯子、エンジンチェンソー、安全帯、登山用ザイル、カラビナを出し、手際よく準備をすると、するすると桜に登っていった。
2016101501.JPG

幼少の俺なら登れたけど、体は硬くなってるし、何しろ高所恐怖症症候群?でもあるので、まったく羨ましい限りだよ。
2016101502.JPG

俺はザイルで上に吊った大枝が落下しないように、下で保持する係として踏ん張りました。
2016101503.JPG
そして落とした大枝を手鋸でナタで小さくし、N君へのプレゼント(薪)として整えたのでした。
まる1日かかって剪定は終わり、薪運搬は翌日曜日に3往復して終了したのでした。
怪我も無く、無事に終えて何よりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA