鍋のために

今年より始めた家庭菜園。
雨の少なかった夏、毎朝水を与え、休みの日には雑草取りをした成果かどうかわからないが、ゴーヤをはじめトマト、なす、ミニトマトが毎日のように収穫出来、おかげで夏は炒め物づくしで健康に良かったものの、少々ウンザリするくらいの立派な出来映えだった。
お盆が終わったあたりが白菜の蒔き時だよ、と近所のおばさんが助言してくれ、これらの夏野菜を取りはらい、冬の鍋用の野菜を種から育ててることにした。
どうなることやら・・・
手前より春菊、水菜、大根、ねぎ、白菜 まずは溝を掘り、そこに種をバラ撒きし、そこそこに育ったら植え直す予定だ。毎朝、霧状の水を与え、半月ほど経った状態。
水菜、大根、白菜は威勢が良いが、春菊とねぎがいまいち。
2012090803.jpg

植え替えて2週間ほど経った状態。
手前の白菜の周りには麦藁を敷く。
ねぎの”しょぼさ”を親戚に話したら、植えるねぎ?を持ってきてくれた。
早々に畝を起て、そこに寝かすように土をかけ放置。日毎に直立してくるらしい。
水菜と春菊は根付かず駄目みたい!
2012092402.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA