XRリフレッシュ 2

XLRバハ(MD22)をベースにXR(ME06)化を進めてきた我が愛車。
600やグースばかり乗ってきたので暫く乗ってなく、ここにきて再燃したオフロード走行。
長く持たせるために、プロの手によるオーバーホールを決意。
その筋で有名なXRチューナーの元にENG単体を持ち込んで依頼し、3週間後にはスムーズにまわる新車時以上?の心臓が帰ってきた。クランクの芯出、インレットバルブ交換、ポート周辺の形状研磨、ピストンリングの交換等々、費用は掛かったが、この先何年も乗るなら安いもんだと自分を言い聞かせ大枚をはたく。
今まではミッションギア交換(XR600)や腰上オーバーホール(600・250)を自分でやってきたが時間も無いし、検査具が揃ってないんで、どこの何がどう消耗しているかもいまいちなんでプロに任せた次第。
2012092401.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA