TS200R試走

4月に引き取ってきた90年式2ストマシン。名車ハスラーの後継車。
2016052903.JPG

早く懐かしい2ストオイルの臭いを嗅ぎたい!
2016040907.JPG

キャブ、エアクリーナーは外され、プラスティック製の部品は雨ざらし?のせいか色が抜けてるような劣化(白化)してる。
2016040904.JPG
2016040906.JPG

なんといっても、エンジンが動かなきゃ話にならない。
まずは、ガソリンタンク内部の頑固な錆を「花咲じいさん」で処理。
2016042401.JPG

そして、TSの代表的な不調原因である「排気デバイス」の2ストオイルを除去し、スムーズにバルブが動く事を確認。
2016042501.JPG

とりあえず腰上を分解清掃、更に欠品部品をネットで購入。
2016042502.JPG

26年前のバイクなんで調達出来るか心配したが、無用だった。
2016042901.JPG

更にキャブを分解してびっくり!。ニードルジェットが一部破損。
2016052101.JPG

思い切って内部部品をすべて新品に交換。いざ出陣!
2016050801.JPG

最初、中高回転域がにぶかったので、ジェットニードルのクリップを1段上げ、混合気を薄くしてみる。すると、気持良く下から上までストレス無しで吹き上がり、試走場(田んぼ)は簡易フラットダートコースとなり、轍の跡が次々と・・・
これで、エンジンは絶好調が確認出来た。これから外装を外して綺麗に仕上げる目途がついた。
公道デビューが楽しみ!
2016052801.JPG
2016052901.JPG
2016050802.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA