ジムニー28峠走破

普段バイクで行ってる林道へ、今回は俺のジムニー号でいくつ峠越え出来るか?やってみた。
しょっぱなから雨とはついてない!
まずは、寄居の風布より奥武蔵の林道へ向かう。
塞ノ神峠(1)、釜伏峠(2)、二本木峠(3)、定峰峠(4)、白石峠(5)、大野峠(6)、刈場坂峠(7)、傘杉峠(8)、顔振峠(9)、正丸峠(10)、志賀坂峠(11)

八丁峠(12)を越え、日窒鉱山脇を通り中津川林道を目指す。

三国峠(13)への相変わらずのダートを抜け、信州 川上村に下り、再び峰越林道を山梨へ向かう。そして大弛峠(14)到着。

山梨への道は砂利じゃなく泥なんで、これ以上の雨だとスリップの心配もある。

山梨市へと下りずに途中で右折し、焼山峠(15)へと進む。

観音峠(16)、木賊峠(17)を通り、右にみずかき山を眺めながら、信州峠(18)へ。

そして信州峠着。この周辺より久し振りに舗装路を走る。飛ばしてます!

今晩はお気に入りの「廻り目平キャンプ場」を利用。 途中のスーパーで食料・酒を買い込み、涼しい夜を過ごす。

雨のあがった翌朝は、少々道を戻り清里に向かう途中で右折、馬越峠(19)へと上る。

南相木村からダム方向へ右折し、途中で北へ向かい栗生峠(20)へ到着。

その後、親沢峠(21)からの遠望にしばし休憩。

小海に一旦出て再び県道124を東に走る。ここはもう見慣れた風景。そして何度も来てるぶどう峠(22)に到着。

上野村まで下り、再び西へ十石峠(23)へ向かう。相変わらずいい塩梅のダートで、そこそこ長く楽しめる。

古谷ダム手前で右折し、あのお地蔵さんの大上峠(24)へ。

その後、群馬 南牧村を通り南下して、塩ノ沢峠(25)中里村を通り、土坂(つっさか)峠(26)、そして太田部峠(27)。

すっかり日も落ち、真っ暗の中、最後の締めは石間峠(28)となった。

結局、2日間で28峠も超える事が出来た。 林道銀座とも言われる秩父から甲信にかけての地域ならではの成果かも。
四輪でも疲れますわ。(途中のR299志賀坂トンネルにて)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA