増富ラジウムへ

ようやく完成したXLR250R(MD22)の”XR(ME06)もどき”の試走も兼ね、中津川方面で繰り出す。
もうひとつ喜ぶべき、高さんが中型免許を取得、しかもXR250(MD30)の新車を手に入れたとの事で、お祝い?がてら、K3との三人で同窓会ツーリングとなった。

すっかり変わっちまった中津川林道の料金場前広場。
観光客を呼び込む施設だろうけど、どう?

旧料金所跡を抜け、ダートに入りほどなく走ると橋上ゲートが閉まっていた。
昔はチェーンだったんで通り抜け?可能だったけど・・・
仕方なく雁坂トンネルを通り塩山へ向かう。
昔は雁坂も通じてなく、ここで信州行きはあきらめたもんだなぁ~と回想にふける。

牧丘まで降りて、そこから焼山峠、木賊峠を越え増富を目指す。(全線舗装で飛ばせるけど・・・)

高さんがインターネットで予約してくれた温泉旅館。
安い料金だったけど、部屋が傾いていてコタツでくつろぐにも、ちょっと気持ち悪くなってくる。
途中の小雨で濡れたものを暖かい部屋で干す。

そして夕食の前に、ラジウム鉱泉を堪能?
狭く暗い浴場ゆえに湯治場風な雰囲気はなかなか良い。

翌日は雨。
合羽を着ながらの林道走行は舗装なら寒く、ダートなら暖まる(蒸れる?)

帰路は、信州峠、馬越峠、ぶどう峠を越え、寒かったのでそそくさと帰りました。もちろん、高さんも俺のバイクも調子は良かった。K3のCRM250Rは相変わらずのカッ飛びで楽しんでいたようです。(遥か先を走ってました!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA