黒部へ

いつもの気まぐれで、黒部ダム、そして近隣のいろんな乗り物にも乗りたくなり、急遽、キャンプ用品をZに載せ出発する。
ビーナスライン(標高1700mは住所と同じ)
1987050101

林道「美ケ原線」より松本市街を望む。
1987050102

本州の中央は松本らしい? 何となく見つけてしまった場所。
1987050103

松本市の「三城キャンプ場」。
八ケ岳が雲海の向こうに・・・
1987050105

GWだというのに宿泊者は俺ひとり。
その晩は管理人さんと仲良くなり、夕飯をご馳走になる。

翌朝は北アルプスを前に伸び~
1987050107

これが「黒部ダム」。ものすごくでかい! 
5月でも雪が残る室堂を始め、よくもこんな過酷な自然の中に作ったとつくづく感心。

室堂では山屋?さん達が沢山居て、観光地の雰囲気が漂う。
でも今だから乗り物も有り簡単に来れるけど、昔は大変だったよなぁ~。

一般車乗り入れ禁止 ここには日本で唯一の”トロリーバス”が走ってる。
電車でもないしバスでもない。
どこかの国には沢山走っているとか・・・でも理由が違う!
ここの場合、エコ(環境)の為だから・・・ デザインが昔のまま。レトロだ!

同じZの東京の人。
(別冊に載った俺を覚えていて声を掛けられた)
1987050118

野尻湖。朝は黒糖パンにオレンジジュースで決まり!
1987050121

帰路に別所温泉に寄った。
なんともユーモラスな顔立ち!
1987050122

これはJR小海線の駅。 
ロマンチックな無人駅!
1987050124

黒部周辺では、ロープウエイ、トロリーバスと変わった乗り物を満喫できる。
5月でもかなりの雪が残っており、標高の高さを窺える。
Zのアップハンで旅してると、いろんな方に声を掛けられ、うっとうしい感じも受けたが、同じ旅する仲間として、共通点がありそうだ。
カワサキの大型バイクは過剰品質と言われただけあって、ダートを走っても、ワインディングロードをそれなりに攻めてもビクともしない。
荷物満載の大型バイクは絵になる。
ちょっと格好付けて皮パンツとバンナダも無理してるぜ。
5月1日~4日までの3泊4日のテント泊ツーリングでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA