退職 そして旅立ち

高校卒業して早3年が経とうとしてる。
課長に入社時の約束であった「技術部」への異動を確認したところ、「まだ君はボート部で新しい技術(マシンニングセンタのオペレートとプログラミング)をやってもらう」と、きっぱり言われた。
そりゃ数多い社員の中から選抜されて名古屋 犬山で2週間の研修を受け、会社初のマシンニング技術を学ばされたのは事実、感謝している。
でも俺は、二輪が好きでいつかはサスペンションの設計やコンチネンタルサーカスのサービスエンジニアを目指してこの会社を選んだのだ。
そのために(修行?)2交替や3交替もこなし、班長代理としても努力してきた。
しかし、何だよ。
そのあやふやな答えは!そんな「若気の至り」もあり、3年めを迎える前に辞職した。
同期の3~4人は既に辞めていた。
人生の軌道?を見つめ直すために、憧れの北海道に向かった。

相棒は、パリダカ風にいじった(ヘッドライトはPIAAのスポット、ヘッドライトは左バックミラーに移動、郵政キャリア装着等)

旅立ちの日 愛車のXL250Rと家族+コロ。

東京→苫小牧フェリーで下船。アイスバーンのR36

数日間アルバイトをさせて貰った黒氏牧場(恵庭)

チェーン無しでは走れない! 急遽列車で旅を続ける

ここは岩見沢。
ここから更に稚内に向かう。

とうとう来ました「日本最北端の地 宗谷岬」寒い!

今日は地吹雪が凄く、視界が悪い。
天気が良ければ樺太が見えるはず。

あまりの寒さに記念碑の影で風当たりを無くす。

稚内公園に登り、市内を望む。 
吹雪いていて視界不良。

宗谷本線 豊富駅近くの旅館にて。
木炭ストーブだ。

車内で一服。
外はめちゃ寒いが、車内はポカポカ。

北海道のへそ、富良野市立富良野小では元気一杯の小学生に遭遇。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA