新春Bigツーリング part.2

1982年12月30日出発! 
去年に続き今年も雪の「十石峠走破」を目指す。
新メンバーに坪(バイク)、高さん(四輪)を招いて。
19830101011983010102

前を走る俺についてくる坪。

雪道は”落ち着いて”が鉄則!

「四輪組」の松&高は、松さん実家で使用中のカローラバン。
1983010112

「十石峠街道(R299)」、この先の雪道を想定し、早々にチェーンを巻く。
単車はゆっくりと確実に前へ進むようライディング。
19830101061983010114

「足のいい奴(カリーナ)」も通り過ぎて行った。珍しい!

単車組も四輪組も何とか無事に到着! 看板に悪戯する連中の気が知れん! 痛々しい!

1983010115

R299長野に入り、田んぼの畦で昼食とする。

小海線「野辺山駅」は仮舎だった。どんな姿に変わる?

「これは、こうやるんだよ!」って荷積みを教えるってか!

2日目は前泊したYH(清里)付近の林道を探索する。

南アをバックに冬の林道をヒタヒタと上るXT200の坪。

最悪を想定してザイルを持参した冬のツーリング。

野辺山にある「太陽観測所」。 
その近くの牧草地で、トコトコ林道の走りの鬱憤を晴らす?

コケても痛くないからね。

小海線を走るディーゼルカーも風情があってとても良い。

俺達が牧草地で遊んでいる間、松&高は清里の東にある“飯盛山”の登山を楽しんだらしい。

この晩も四輪組と清里YHで合流し、健全な2泊目を過ごした。
翌日、単車組は身延へ向かった。

そして「丸山林道」に入る。 
積雪は15cmほど。 一面凍結路もあり、慎重に慎重を期す走りを要する。
頑張って走っても結局は「行き止まり」 こんなケースは多々ある。

いやぁ~疲れました。 冬とはいえ雪との格闘で汗びっしょりです。

そこへ四輪組登場。(四尾連湖近くで)

合流すると、松さんは坪のバイクを見るや否や、シートに跨がり、コーナーを攻める。

ウイリーするわで、坪さん目が点に・・・

そして数分後、松さんはやってしまった! 目を閉じる坪。

そんな光景を見ていた地元の子供達!楽しかったかい?

今回のベストショット。
「南アルプスをバックに冬の林道をヒタ走る坪」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA