湯の小屋林道

夜勤を終え、一休みして朝6:00出発。 
八木沢ダムを望む。

奥利根湖、残念ながら小雨模様。

照葉峽という滝です。

湯の小屋林道” は、滝あり、砂地あり、ダートありのとても変化に富んだガードレールも無い、長く内容の濃い林道。

「こんろく峠」なんとも締まりの無い名前。群馬県知事らしい。

初めての尾瀬を目指す。

尾瀬沼への登山はくたびった。
何しろ片道1時間、雨が降ったり止んだりで、でもその先にはこの広大な手つかずの自然が。

紅葉には少し早かったようだ。 
あと2週間もすれば色とりどりの紅葉で満たされる ”湯の小屋林道”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA