林道無宿 ハプニングジムニー旅日記

朝6時、俺の家から5日間の林道無宿旅が始まる。

バイクでは来た事あるが四輪では初めての「安ケ森林道」

フラットな道質はバイクでも四輪でも最高に楽しめる。

林道にジムニーは良く似合う。流石、日本のスズキ製だよ。

高さんも俺もタフで何時間・何百キロ運転しても疲れ知らず。

でも今回は長い旅路ゆえに安全運転を継続する為、交替しながら。

ご存じ「安ケ森峠」

R352を奥只見湖へ向かう途中で昼食。
ラジオからロスアンジェルスオリンピックの中継が流れてる。

雪渓の荒沢岳をバックにハイチーズ。

急カーブの続くつづら折れのR352を何時間も走る。
見える景色はさほど変わらない。

13日の宿泊は、R352沿いの平坦地に決めた。
暗くなる前にポリタンに小川の水を補給。
これで料理から洗い物まで使う。

小川をジャンプする高さんの行動は意味不明???

その晩、しっかりと飯を作り、その後、星空を仰ぎ見ながら人生?を語った?

ダートの「枝折峠」は、飽きるぐらい長い。
しかしよく道を作ったもんだ。
冬期は通行止めになるし、その必要性に疑問?

14日は、柏崎で海水浴をし地図を見て”栃窪温泉”に行ってみた。
宿泊狙いだったが、なんと湯治場で雰囲気が合わなかった。

そこで、内陸部に入り、安塚町の”大厳寺高原”のキャンプ場に泊まる事にした。
その晩、地元の子供会PTAと飲んだ。

「日本のチロル」と呼ばれている?だけあって、高原からの遠望は素晴らしい。

俺はたばこじゃなく、ソーセージで一服と洒落込む。

津南から雑魚川に向かう右に鳥甲山を望む。真夏なのに残雪がある。

例年より暑い夏らしく、日中の林道は真っ白! 雑魚川林道激走!

雑魚川で真夏でも溶けないという雪渓で記念写真。 ひょっとして万年雪状態か。

途中での飯も手慣れたもんです。

「カム バック サーモン」ってか!

奥志賀林道でのワンショット!

そして、4泊5日の旅を終え、17日の17時に帰還。
「安ケ森林道」では、対向でふっ飛ばしてきた軽に正面でぶつけられ、バンパーに凹み(写真で示している)が出来たが、それ以外では、海水浴、新潟安塚のキャンプ場での地元の方々との「飲み会」に飛び入り参加。
更にダートの雑魚川林道、奥志賀林道の全線走破等、中身が濃かった?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA