ジムニー&サニーin中津川

ジムニーには高さん、K3、サニーには俺、坪、デリカで分乗、R299を志賀坂へ向かう。

いつもの変電所脇で一服。 「近藤カラオケ道場(酒場)」の前。

志賀坂峠手前から金山・八丁線に入る。落石ゴロゴロだ。

俺のサニー(B310)は堅めのサスに交換し、ラリータイヤを履く。
モモ風のステアリングと助手席のグローブBOXにはラリーメーター。
俺好みの角張った車体に4ドア。
パワーは無いがFR駆動なんで、砂利道なら簡単にリアスライドしてくれる。 
最高です!
1984051904

俺とK3。
コンクリの法面は滑るし、掴みどころが無くて、結構登るの大変!

日窒鉱山から下り中津川への分岐へ出る。

走りながら適当に平らな場所を見つけ、キャンプ用具を人力で対岸に運ぶ。
1984051907

崖をザイルを使って少しづつ人力で下ろす。
その後の川の渡しは、小さくて軽い荷物は放り投げ、対岸で受け取る。
19840519121984051913

大物(人も?)は、高さんが釣用のゴム長を持参していた為、一手に引き受ける事に・・・
19840519081984051915

荷をようやく降ろし終え一安心。
テントは高さんと俺のを2張り設置。

そして宴会用のビールを即席の流水庫で冷やす事に。

ほとんどのキャンプ用品は高さんの私物。 
何から何まで揃えている「歩くホームセンターだよ!」お陰で助かります。

そして得意分野のひとつである釣り。
流石です。釣果ありました。

5月とはいえ、標高が高いせいか日が暮れるとヒンヤリする。

飯盒で飯が炊きあがったところで、宴会の始まりです。 
まずはビールで乾杯!

肉を加えBBQ宜しく宴たけなわです。

炎を見つめてもの想いに耽る?

そんな静寂を破る「ビン!ビン!ビン!」と軽快な2ストのエンジン音が・・・
まさか!さっきまで焚き火を眺めていた高さんが・・・
酒の勢い?で、対岸の崖上に駐車しておいたジムニー号に乗り、なんとまっ暗な川を渡り始めてしまった。 
みんな絶句です!

まったく! ノー天気な奴らです。
1984051928
1984051929198405193019840519321984051933

新緑の中で・・・ なんか「コカコーラ」のCMのようだ。
ひとり明後日の方向を見ているが・・・

ジムニーの機動性を生かし、川渡り。
後ろのタイヤに跨がっているのは坪。
振り落とされるなよ!

1984051935

記念撮影してるにもかかわらず、また、明後日の方向を見てる!(秩父高原牧場にて)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA