本州最北端(大間崎)を目指せ!

朝7:30に出発。 
まずは足尾を抜け、鬼怒川を通過し、会津に向かう。 
夏の朝は肌寒いが日が射してくるとムシムシしてくる。

会津田島の国道脇の木陰で一服する。旨い!

3年振りの大峠。
RZで走る奴はいないと思う。

福島山形県境は距離が長く、全線ダート。
しかもつづら折れの連続。よくパンクしなかったな!

途中で出会ったXLライダーも驚いていた。
なにしろXLと同レベルのペースで走っていたもんだから。
だけど、疲れたよ。ポジションが前傾だからね。

長い1日の宿泊地は、蔵王有料道路付近のキャンプ場。 
走行363km。

2日めは湯沢経由で、まず田沢湖へ。
綺麗な湖水だ。

水深日本一の湖畔で、道路地図を眺め次に走るルートを考える。

八幡平に向かう途中で遭遇した、何とも美しい風景

キャンプ用品満載のバイクも絵になる。 
秋田にて。

八幡平アスピーテラインで夕日を浴びるRZ350。

ただ北に向かい、十和田湖脇を16:00に通過し、夕日を浴びる。 
♪お岩木山よ~♪松村和子の「帰ってこいよ」 どこにある?

「あおもり駅」大きなナショナルの看板が印象的。(なぜ?)

下北の「吹越」無人駅に22:00着。
ちょいと一晩お借りしま~す。

3日めは5:30に出発し大間﨑を目指す。
北端には、8:00着。
958kmの道のり。

その後「下北かもしかライン」のダートを何とか走破し一戸へ。

一戸では久しぶりに布団(旅館)の上で寝る。
4日めは7:30に旅館を出発、途中「小岩井農場」の牧草地で一休み。

「小岩井農場」より太平洋に向かい、その日は「釜石ビジネスホテル」に投宿。  
キリキリ王国なるものを見てみたが・・・?

5日めは台風6号の影響か、雨が強まってきており、野良合羽を着用する。
が、バイク用でないため、襟口からの侵入をタオルで防ぐ。

河川の増水も凄く、結局この日は17:00に福島のビジネスホテルに逃げ込む事にした。

6日めも朝から雨だ。 
会津若松、鬼怒川と往路と同じルートを戻る。
これは足尾付近、道路に雨水があふれている。

往路は”大峠”の難所(ロードバイクだから)があったものの当初目標の”大間﨑”にたどりつけ満足。
ただ復路の終盤は台風の大雨で楽しいとは言い難いものではあったが長距離ツーリングとしては達成感大であった。
全走行距離:2,089Km  平均燃費:20Km/L  ガソリン代:約16,500(155円/L) 全費用:約55,000円也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA